バイデン氏「将来の命を救う」 銃規制の強化を呼びかけ

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米コロラド州ボルダーのスーパーマーケットで10人が死亡した銃乱射事件をめぐり、バイデン米大統領は23日、米ホワイトハウスで演説し、銃規制の強化を米議会に対して呼びかけた。

 米メディアによると、容疑者は半自動ライフル銃「AR15」型の銃を使用していた。

 バイデン氏は「将来の命を救うために当たり前の行動を取ることを待つ必要はない。私は上下両院の同僚に行動を求める」と述べたうえで、殺傷能力の高い攻撃用銃器と大容量の弾倉販売の禁止、銃の販売相手の身元調査の厳格化を立法措置によって実現する必要があるとの考えを示した。

 すでに下院では身元調査を厳…

この記事は有料会員記事です。残り154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。