演出家から「セックスが必要」 表現の場でセクハラ横行

有料会員記事

[PR]

 現代美術家らが立ち上げた「表現の現場調査団」が、美術や演劇、映像などの「表現」に関わる人たちが受けたハラスメントの実態調査を行った。回答した1449人のうち、1195人が、過去10年以内に「(何らかの)ハラスメントを受けた経験がある」と答えた。セクハラパワハラジェンダーハラスメントなど、「表現の現場」で横行する様々なハラスメントが浮かび上がった。

 24日に発表された調査結果で示された具体的な事例は次の通り。

・立場と年齢が上のスタッフに、マッサージをしてほしいという建前のもと宿泊していたホテルに連れて行かれ無理やり性行為をされた。(30代、女性、監督)

・館長から密室でキスを求めら…

この記事は有料会員記事です。残り1355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら