事務局の元事務所を家宅捜索 リコール署名偽造事件

有料会員記事

[PR]

 大村秀章愛知県知事に対するリコール署名の偽造事件で、愛知県警は24日、名古屋市東区リコール運動事務局の元事務所を、容疑者不詳のまま、地方自治法違反(署名偽造)容疑で家宅捜索した。すでに事務所は撤収しているが、事件への事務局の関与の有無を調べるため、建物の構造などを確認するとみられる。

 県警は、これまで提出された全署名を市区町村の選挙管理委員会から押収し、偽造の実態解明を進めてきたが、家宅捜索による強制捜査は初めてという。

 関係者によると、捜索容疑は、何者かが大村知事の解職を求める署名を偽造したというもので、同日午後2時ごろ、捜査員8人がビルに入った。昨年11月にリコール署名を提出後、事務所への人の出入りはほとんどなくなり、今年1月末には撤退したという。

 愛知県選挙管理委員会は今年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。