宮古諸島の人々は3集団で構成 災害と移住の歴史を反映

有料会員記事

米山正寛
[PR]

 沖縄県宮古諸島の住民の遺伝情報(ゲノム)を大規模に解析したところ、遺伝的に異なる3集団に分けられることがわかった、と琉球大の研究チームが学術誌に報告した。それぞれの集団の人口変化や形成時期も推定でき、移住の歴史が反映されているという。

写真・図版
宮古島(中央)と周辺の島々。池間島と伊良部島は奥に位置する=朝日新聞社機から

 琉球大は、沖縄県民の健康増進のため医療情報とともに血液などの試料を集めており、昨年末で約1万8千人分を収集した。このうち宮古諸島で2016~17年に得た1240人分について、DNAをつくる塩基のわずかな配列の差(1塩基多型)に着目。祖父母までさかのぼる出身地の情報と併せて解析した。

 担当した松波雅俊助教によると、地域によって遺伝的な差がみられ、「宮古島北東部」「宮古島南西部」「池間島・伊良部島」の3集団に大別された。宮古島北東部の中に「池間・伊良部」と特徴が共通する人々が住む地区があったが、ここには1873年に池間島から移住した記録が残されていた。

写真・図版
宮古島の地図

 ゲノム情報をもとに集団ごと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。