「熱中症の症状はコロナに似ている」官房長官が注意喚起

新型コロナウイルス

[PR]

 加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、「熱中症は初期症状が新型コロナウイルス感染症に似ている。医療現場の負担増にもつながる恐れもある」と述べ、今夏の東京五輪パラリンピックが控えていることも踏まえ、熱中症対策を強化する考えを示した。25日にも新たな行動計画をまとめるという。

 加藤氏は「これまでの熱中症対策の検証を踏まえた対策のほか、東京オリンピック・パラリンピックの開催、新型コロナウイルス感染症対策との両立といった観点も踏まえ、対策をとりまとめたい」と強調。環境省を中心に熱中症対策への取り組みを検討中で、25日に関係府省による会議を開き、新たな行動計画を決定する方針を示した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]