「勝ち越せず、ずるずると…」敦賀気比、攻撃悔やむ主将

[PR]

(24日、選抜高校野球 常総学院9-5敦賀気比)

 敦賀気比の4番で主将の大島正樹は「終盤で追いついたのに勝ち越せず、ずるずるといってしまった」と、タイブレークになる前の攻撃を悔しがった。昨秋の北信越大会準々決勝、準決勝で延長戦を勝ち、粘り強さに自信があった。しかし、この日は自身も無安打。「甲子園で勝つのは難しいと分かった。一からレベルアップしたい」