肌身離さず持ち歩いた123便の航空券、ともにひつぎに

有料会員記事

森岡航平
[PR]

 偶然では片付けられない思いを抱き続けた。

 音響機器メーカー役員だった西山徹さんは1985年8月12日、東京・羽田を午後6時に出発する大阪・伊丹行きの日本航空123便を予約した。母親の新盆で、兵庫県丹南町(現丹波篠山市)の実家に帰省する予定だった。

 ところが、帰省のための休み…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら