保育士18人中17人が退職へ 補助金減額で給与カット

中村瞬
[PR]

 群馬県藤岡市立石の私立認可保育園「立石保育園」(園児138人)で、保育士18人のうち17人が3月末で退職することがわかった。園や藤岡市によると、待遇面や園の対応への不満が背景にあるという。園は13人を新たに採用。4月以降の運営に支障はないとしており、市は静観する構えだ。

 園によると昨年3月、新たに入園する園児が募集を40人下回り、市の補助金が減る見通しとなったため、全保育士に今年度の基本給が前年度比減になると書面で伝えた。保育士側の要望を受け、園は翌月に対面で説明し、全員が契約書に押印したという。

 だが7月支給の賞与も減額となり、保育士数人が改めて園側に説明を要求。園は8月に賞与を追加支給したが、9月1日までに保育士17人が今年度限りでの退職を申し出たという。

 このため、園は新年度の園児の定員を120人に減らし、保育士は残る1人と新たに確保した13人で運営に当たることにした。

 園は一斉退職について、今月22日に文書で、23日にメールで保護者に通知。問い合わせが相次ぎ、園は24日に緊急保護者会で一連の経緯を説明した。説明会は26日にも行うという。ある保護者は「あまりに突然で驚いた。新年度からどうなるのか」と不安を漏らした。

 園の担当者は「誠実に対応してきたと考えている。全員引き留めたが、こうした状況になり残念」と話し、「どう対応していいかわからず、保護者への連絡が遅くなってしまった。ご心配をおかけし、申し訳なかった」としている。(中村瞬)