スエズ運河で大型コンテナ船が座礁 海運の要衝をふさぐ

有料会員記事

カイロ=北川学、台北=石田耕一郎、シンガポール=西村宏治
[PR]

 エジプト東部のスエズ運河で23日、台湾の長栄海運が運航する大型コンテナ船「エバーギブン」(長さ400メートル、幅59メートル)が強風にあおられ浅瀬に乗り上げた。運河を塞いで他の船が通航できなくなっており、復旧まで2日ほどかかる見通しだ。アジアと欧州をつなぐ海運の要衝で、世界の物流に影響が出る恐れがある。

 スエズ運河庁によると、船首部分が運河のへりに衝突し、幅約300メートルの水路を塞いだ。当時は砂嵐が吹き荒れており、進路を見失ったことが原因とみられる。同庁はタグボートで移動を試みている。貨物船は中国からオランダに向かっていた。

 長栄海運の広報担当者は朝日新聞に、「船の移動にどれだけかかるか見通せない」とコメントした。同社によると、船はスエズ運河の南端から約11キロの場所で座礁。20フィートコンテナ換算で2万個を積載できる世界最大級の貨物船とされる。

 紅海と地中海を結ぶスエズ運…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら