坂本花織、こらえてSP6位 「だいぶ低かったけど…」

坂上武司
[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、来年の北京五輪の国・地域別出場枠をかけて、スウェーデン・ストックホルムで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、昨年12月の全日本選手権女王の紀平梨花トヨタ自動車)が79・08点で2位だった。平昌五輪代表の坂本花織シスメックス)は6位。宮原知子(関大)は16位と出遅れた。16歳のアンナ・シェルバコワ(ロシア連盟)が81・00点で自己最高点を更新し、首位に立った。女子フリーは26日(日本時間27日未明)にある。今大会は男女ともに、上位2人の合計順位が13以内であれば、北京五輪の出場枠で最大の3を確保できる。新型コロナウイルスの影響で、選手や関係者と外部との接触を断つ「バブル」方式で運営され、無観客開催となった。

「自分なりに思い切ってできた」

 コロナ禍に見舞われた今季、坂本花織は逆境を逆手にとった。リンクが使えなかった時期に、筋トレなどの体作りに力を注いだ。緊張のSPは6位発進だ。

 悔しいし、情けない――。それが世界選手権に対する坂本の印象だ。2019年大会、SP2位につけながらフリーで失速。5位に終わった。そこから坂本の不振が始まったように思う。

 昨季は4回転ジャンプにも挑戦。だが、演技を安定させることができず、全日本はまさかの6位。一度も優勝できず、「絶望」と表現したシーズンとなった。

 復活を期す今季は、4回転やトリプルアクセルといった大技をひとまず脇に置いた。演技の完成度を高めることを選ぶ。体作りが奏功。フランス振付師のブノワ・リショー氏の作り上げた世界を繊細に、かつ大胆に演じる力をつけた。

 新たな発見もあった。とりわけコツをつかんだのはジャンプだ。坂本が着氷したあとのスケートの流れは美しい。ジャンプを担当する川原星コーチとともにじっくり取り組んできた。

 現地入りしてからの練習では両手を上げて跳ぶ「タノジャンプ」をみせた。「試合ではやらないけど、練習ではタノをやる。手を上げると軸が真っすぐになる」と説明してくれた。

 2連続3回転ジャンプの二つ目のジャンプで着氷が乱れかけたが、こらえる。こんなところにも体力を強化してきた証しが見える。坂本は「耐えた部分はあったけど、自分なりに思い切ってできたと思う」。

 得点は70・38点。「思っていたよりだいぶ低かったけど、これが現実だと思ってフリーに挑みたい」。とはいえ、世界選手権で自身初めての表彰台は射程圏内。20歳は、今季を自分らしく締めくくるつもりだ。坂上武司

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]