北朝鮮のミサイル対応「米韓と緊密に連携」 菅首相

[PR]

 北朝鮮から25日朝、弾道ミサイル2発が発射されたことを受け、菅義偉首相は25日午前の参院予算委員会で、「我が国と地域の平和と安全を脅かすものだ。また国連決議違反でもあり、厳重に抗議をし、強く非難する」と述べた。

 首相は、日本の排他的経済水域の外の日本海に落下したことを確認しているとした上で、「これまで以上に警戒監視を強める必要がある」と指摘。「先ほど国家安全保障会議を緊急に開催し、情報の集約や対応について協議した。米国や韓国を含め、関係諸国と緊密に連携し、国民の命と平和な暮らしを守り抜く」と述べた。

 自民党高橋はるみ氏の質問に答えた。