ハリス副大統領、移民問題の責任者に 中米諸国と協議へ

ワシントン=園田耕司
[PR]

 メキシコとの国境を越えて米国に入国しようとする中米諸国からの移民が急増している問題で、バイデン米大統領は24日、ハリス副大統領を移民問題の責任者に任命した。ハリス氏はメキシコに加えて、移民たちの主な出身国であるグアテマラやエルサルバドル、ホンジュラスと対応を協議する。

 バイデン氏は同日、ホワイトハウスで記者団に対し、「移民の急増は前政権から始まったことだ。しかし我々にはこの問題に人道的に対応し、現在進行中の問題を止める責任がある」と語った。ハリス氏は「我々は人々に『今は国境に来るべきではない』と明確に伝えると同時に、人々を移住に向かわせる原因に対処しなければいけない」と語った。

 バイデン政権発足後、メキシコとの国境を越えて入国しようとする移民が急増しており、税関・国境警備局(CBP)の拘置施設には、親や保護者を伴わない未成年の移民1万5千人以上が収容されている。劣悪な環境での生活を強いられている状況に「人道危機」との懸念の声が強まっている。(ワシントン=園田耕司)