GoTo「再開当面難しい」観光庁長官 感染状況を注視

[PR]

 観光支援策「Go To トラベル」事業の再開について、蒲生篤実観光庁長官は25日、「緊急事態宣言は解除されたが、引き続き感染状況について注視し、様子を見る必要があることから再開は当面難しい」との考えを示した。

 25日の参院予算委員会の集中審議で、自民党高橋はるみ氏の質問に答えた。

 高橋氏は「PCR検査、抗原検査の費用を事業対象経費に追加し、安全安心の観光旅行の促進を図るということも考えられる」として、検査費用を事業に加えることを提案。蒲生氏は「どのような対応が可能か、知見を有する厚生労働省や内閣官房とも連携して、現場の負担なども考慮しつつ検討したい」と述べた。

 また、高橋氏は、東京五輪パラリンピック開催に向けた新型コロナウイルス感染拡大防止策への決意を菅義偉首相に尋ねた。

 首相は「感染者数は地域によっては増加しており、人出が増えている地域もあることから、感染の再拡大に強い警戒感をもって対応すべきと考えている」と答弁。感染再拡大の阻止に向けて、「飲食の感染対策、変異株の対応、感染拡大の兆候をつかむための戦略的検査の実施、迅速なワクチン接種、次の感染再拡大に備えた医療体制の強化の5本柱から総合的な対策を講じている」と述べた。