中朝が貨物の往来再開へ コロナ禍で封鎖中の国境に動き

有料会員記事新型コロナウイルス

瀋陽=平井良和
[PR]

 中朝両国間で、新型コロナウイルスへの対策で昨夏からほぼ全面的に停止している陸路国境の貨物の往来の再開準備が進んでいることがわかった。食糧不足が続く北朝鮮への援助物資を中心に、4月中旬にも列車で往来が始まる見通しだ。

 複数の中朝貿易関係者によると、往来再開に向けて2月以降、北朝鮮に送られる米やトウモロコシ、大豆油、小麦粉、肥料などの援助物資が吉林省から中朝国境の遼寧省丹東市に運び込まれた。50万トン程度の援助が予定されているという。同市内には、援助物資のほか、農業用ビニールシートなどの貿易品を加えた1千個程度のコンテナが待機している。同省大連市にも、往来が停止していた半年の間に各地で集められた物資が置かれ、コンテナは数千個に上るという。

 両国間では、中国本土で散発的に続いた新型コロナの市中感染が収まった2月から往来や貿易再開の協議が本格化。北朝鮮側の貿易関係者らに準備を促す通知が出されていた。

 ただ、北朝鮮側は厳しい防疫…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]