ホームレス襲撃死、元少年2人に実刑判決 傷害致死の罪

松山紫乃、大野晴香
[PR]

 岐阜市で昨年3月、路上生活をしていた渡辺哲哉さん(当時81)が襲われ死亡した事件で、傷害致死の罪に問われた元少年2人(ともに20歳)の裁判員裁判の判決が25日、岐阜地裁であった。出口博章裁判長は「面白半分で投石し、スリルを楽しむことを繰り返していた」と述べ、当時会社員だった元少年に懲役5年(求刑懲役8年)、無職の元少年に懲役4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決によると、2人は昨年3月25日午前1時半ごろ、岐阜市長良川にかかる河渡(ごうど)橋の下で生活していた渡辺さんを襲撃。約1キロにわたって石を投げながら追いかけた。土の塊を投げつけた際、渡辺さんの顔面に命中し、渡辺さんは転倒して脳挫傷などにより死亡した。

 事件をめぐっては、岐阜県警が発生の約1カ月後に被告2人を含む3人を殺人容疑で、大学生だった2人を傷害致死容疑で逮捕した。5人はいずれも当時19歳で野球仲間。殺人容疑で逮捕された元少年(20)は傷害致死の非行内容で少年院送致され、岐阜地検は大学生2人を不起訴処分とした。(松山紫乃、大野晴香)