東電社長、新潟県知事に謝罪 柏崎刈羽のテロ対策不備

長橋亮文
[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)でテロ対策の不備が相次ぎ発覚した問題を受けて、同社の小早川智明社長が25日午前、新潟県庁で花角英世知事に面会し、謝罪した。花角知事は「県民の信頼が大きく損なわれた」と述べ、原因の追究と改善を求めた。

 小早川社長は面会の冒頭で「福島第一原発事故が発生してから、反省し、安全対策に取り組んできたが、一連の事案を起こし至らない点があったと反省する」と述べた。花角知事は「原子炉の運転を適格に遂行する技術的な能力があるのか、疑問符がつくような状況だ」と厳しく指摘した。

 柏崎刈羽原発を巡っては、今年に入り、東電社員が同僚のIDカードを不正使用して中央制御室に入った問題や、安全対策工事が未完了だった問題などが相次ぎ発覚。さらにテロ対策設備の不備も分かり、原子力規制委員会が24日に是正措置命令を出す方針を決めた。原子炉への燃料の装着ができなくなり、東電がめざす再稼働は見通しが立たなくなっている。(長橋亮文)