北朝鮮の兵器計画「近隣に脅威」 米インド太平洋軍声明

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米インド太平洋軍(司令部・ハワイ)は24日夜(日本時間25日午前)、声明を発表し、「我々は北朝鮮が今朝、東海(日本海)に向けてミサイル発射したことを把握している。我々は状況を注視し続け、我々の同盟国・友好国と緊密に協議をしていく」と指摘。そのうえで、「今回の活動は北朝鮮の不法な兵器計画が近隣諸国や国際社会に与える脅威を浮き彫りにした。韓国と日本を防衛するという米国の約束は鉄壁だ」と強調した。(ワシントン=園田耕司