京大が研究用原子炉の廃炉検討 燃料処分の見通し立たず

野中良祐
[PR]

 京都大学複合原子力科学研究所(大阪府熊取町)は、2026年に研究用原子炉(出力5千キロワット)1基の運転を停止し、廃炉を進める検討をしていることを明らかにした。今後、京大本部で方針を議論する。

 研究所によると、研究用の使用済み核燃料を、26年5月まで米国が全量引き取る取り決めがあるが、それ以降の処分方法は見通しが立っていない。使用後の行き先が定まっていない核燃料を使えず、運転を継続できないと判断した。

 研究所には他に、低出力の実験用原子炉(出力100ワット)が1基あり、引き続き研究に利用する。このほか、福井県敦賀市に新たに設置予定の研究炉を、日本原子力研究開発機構や福井大と運営する予定だとしている。この研究炉は、廃炉作業中の高速増殖原型炉「もんじゅ」敷地に作られる計画だ。野中良祐