匂いまでするような獅子とは 「動物画の栖鳳」を味わう

池田洋一郎
[PR]

 近代日本画壇の巨匠、竹内栖鳳(せいほう)(1864~1942)を中心に同輩や弟子らの作品も集めた展覧会「栖鳳の時代 匂いまで描く」が京都市右京区の福田美術館で開催中だ。変革期にあった京都画壇の様相を知ることができる。

 栖鳳は円山四条派の幸野楳嶺(こうのばいれい)に師事しつつ、狩野派や南画など幅広く学んだ。1900年に渡欧して遠近法など西洋画の技法も取り入れ、日本画の近代化に貢献。京都画壇で指導的役割を果たし、「東の横山大観、西の竹内栖鳳」と並び称され、大観と共に第1回文化勲章を受けた。

 渡欧後にライオンを写実的に描いた「獅子」が「匂いまでするようだ」と大評判となり、「動物画の栖鳳」と言われるようになる。今展では「金獅(きんじし)図」「猛虎」などの作品でその迫力が味わえる。

 晩年は、徹底した写生の上で厳選した線のみで余白を生かしつつ描く「省筆」の手法を用い、「水風清」など詩情豊かな風景画を多く残した。

 自らの画塾や京都市立絵画専門学校教授として多くの後進も育てた。会場には橋本関雪「後醍醐帝」をはじめ、小野竹喬、村上華岳ら弟子たちの作品も並ぶ。このほか、師の楳嶺の「韃靼人(だったんじん)狩猟図」や、楳嶺門下の同輩、都路華香(つじかこう)らの作品も展示され、当時の雰囲気がうかがえる。

 4月11日まで。火曜休館。(池田洋一郎)