大阪の時短要請4月21日まで延長へ 府全域で調整

久保田侑暉
[PR]

 大阪府吉村洋文知事は25日、大阪市内の飲食店に出している午後9時までの営業時間の短縮要請を4月21日まで延ばす方針を示した。対象地域は4月1日から府内全域に広げることで調整している。今月26日の対策本部会議で決める。

 新型コロナウイルスの新規感染者は再び増え始めている。25日は266人で、2月5日以来の200人超となった24日の262人を上回った。吉村知事は記者団に「(感染者が)上がり基調での200人。大阪市内の措置を緩和できる状況じゃない」と話し、時短要請を3週間延長する考えを示した。府内全域に要請を広げる可能性については「十分ある」と述べた。

 1日あたり4万円を支給する協力金についても、国の財政負担が継続されるとして、続ける考えを示した。

 大阪市松井一郎市長も「府域全体で抑えるというのが吉村知事の考えじゃないか。(府全域の要請に)賛同する」と話した。(久保田侑暉)