北海道で67人感染 2日連続50人超、松山の出張者も

[PR]

 北海道では25日、新型コロナウイルスの患者が67人確認され、3人が死亡した。新規感染者が50人を超すのは2日連続。

 新規感染者の内訳は、保健所設置4市(札幌、旭川、函館、小樽)では、札幌46人(死者2人)、旭川2人、函館4人。道内の他地域が15人(死者1人)。

 函館市では愛媛県在住の30代の男性会社員の感染が確認された。この男性は松山市から函館に出張に来て発症した。松山市では繁華街でクラスター(感染者集団)が発生しており、男性の行動履歴から、クラスターが発生した松山市内のバーで飲食していたことがわかったという。

 また、この日新たに変異ウイルスに感染した疑いがある事例が14件確認された。