河井克行氏「自らの品性の下劣さに恥…」 辞職願を提出

[PR]

 2019年7月の参院選広島選挙区をめぐり、公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われた元法相の河井克行被告=自民党を離党=は25日、衆院議員の辞職願を大島理森衆院議長宛てに提出した。これまで無罪を主張していたが、23日の被告人質問で一転して地元議員や首長ら大半への買収を認め、議員辞職する意向も表明していた。

 辞職願の提出に合わせ、河井被告は報道各社にコメントを出した。コメントは以下の通り。

 所感

 本日、衆議院議員「辞職願」を提出いたしました。

 この度は、私の過ちにより、広島県の皆様をはじめ、国民の皆様に対して、多大なるご迷惑をおかけいたしました。心からお詫(わ)び申し上げます。また、私の行為によって深刻な政治不信を招いたことを真摯(しんし)に反省いたしております。かくなる事態を招いた責任を取るため、私は衆議院議員の職を辞することとしました。

 振り返りますと、平成三年広…

この記事は有料会員記事です。残り507文字有料会員になると続きをお読みいただけます。