「大きな一歩」自民青年局長、同性婚に賛意にじませる

有料会員記事

二階堂友紀
[PR]

 同性婚を認めていない民法などの規定は違憲と判断した札幌地裁判決を受け、同性婚の実現を求める緊急の集会が25日、国会内で開かれた。「結婚の自由をすべての人に」と銘打った院内集会は3回目だが、過去最多となる与野党の国会議員39人が参加した。

 同性婚について政府・自民党は具体的な検討を行っていないとの立場だ。立憲民主、共産、社民の3党は同性婚を可能にする民法改正案を提出している。

 こうしたなか、集会に参加した自民党青年局長の牧島かれん衆院議員は「皆さんのご苦労で大きな一歩が開かれた。私自身は家族のあり方は色々あっていいと思っている。政治がこうあるべきだと言うのは間違っていると強く思っている」と述べ、同性婚への賛意をにじませた。

 また、公明党が立ち上げた「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。