地獄蒸しプリン、全国1位に 隠し味は、別府温泉の蒸気

加藤勝利
[PR]

 リクルートライフスタイル(本社・東京)の旅行情報誌「じゃらん」が2月に実施した「全国各地からお取り寄せして食べたいご当地プリン」アンケートで、大分県別府市の「地獄蒸しプリン(明礬〈みょうばん〉温泉)」が1位を獲得した。人気の岡本屋売店のプリンは、「苦みが利いたカラメルと濃厚な味わいがくせになり、昔ながらの少し固めの一品」と評価されている。

 日本記念日協会が毎月25日を「プリンの日」に登録しているのにちなむ企画。ネットアンケートに47都道府県の20~50代の男女1046人が参加し、うち29・2%が「地獄蒸しプリン」を選んだ。2位は「なかほら牧場ぷりん(岩手)」、3位は「島プリン(沖縄)」、4位は「善光寺ぷりん(長野)」だった。

 じゃらんの担当者は、「観光地でご当地プリンがあったら食べてみたいと7割以上が答えるほど注目度は高い。特に別府の地獄蒸しプリンは、天然温泉の蒸気を利用して作られた素朴で濃厚な味わいが愛されています」と語った。(加藤勝利)