鍵山優真が自己ベスト更新 羽生のエール、初舞台で躍動

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 フィギュアスケート世界選手権の第2日は25日、スウェーデン・ストックホルムで、男子ショートプログラム(SP)があり、鍵山優真(星槎国際高横浜)は自己ベストを10点近く更新する100・96点で2位につけた。

 キス・アンド・クライで得点を確認すると、鍵山は「やった!」と何度もガッツポーズを繰り返した。「練習は調整が難しかったけど、本番はそういうことは何も考えずに思い切りやることができた。プレッシャーとかはよく分からなくて、自分がやりたいように伸び伸びと自由に滑れた」

 冒頭の4回転サルコー―3回転トーループを着氷して勢いに乗ると、続く4回転トーループ、後半に組み込んだトリプルアクセル(3回転半)も着氷した。手応え十分だったに違いない。リンクから降りる時は、思わず笑みがこぼれた。

 会心の内容に、「緊張して本当にガクガクになっちゃうんじゃないかって思ったんですけど、緊張よりも『早く演技がしたい』っていう楽しみの方がすごく大きかった。悪い緊張をしなくなったっていうのが自分の一つの成長ポイント。自分では本当にもう言うことない」。

 成長株の17歳が挑む、初挑戦の世界選手権だ。公式練習の初日には、「海外のトップ選手とすれ違って、あいさつする時に『本当に世界選手権なんだ』と実感が湧いて、すごく楽しみ」と初々しくコメントした。

 ただ、ほんの3カ月前は弱気…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]