同性婚反対派へ「判決の全文読んで」 稲田朋美氏に聞く

有料会員記事

聞き手・二階堂友紀
[PR]

 同性婚を認めていない民法などの規定は法の下の平等を定めた憲法14条に反するとの判断を札幌地裁が示した。政権与党として、性的少数者をめぐる施策にどう取り組むのか。自民党「性的指向・性自認に関する特命委員会」の稲田朋美委員長に聞いた。

 ――自民党の特命委員長として、札幌地裁判決をどう受け止めましたか。

 「同性愛はかつては治療の対象と捉えられており、それを前提とした法制度となっていました。今では生まれながらの不可逆的なもので、『病気』でも『趣味』でもないと理解されています。そうした歴史的な経緯がしっかりと書き込まれていることが、この判決の一つの意義だと思いました」

 「そのうえで判決は、家族制度のあり方は国民感情や社会状況によって決められていくべきだ、という趣旨も述べています。つまり、いきなり『同性婚を認めていないのは違憲だ』と言っているわけではないのです」

 ――そうは言っても、自民党の考え方とは合致しないのではありませんか。

 「私は必ずしも、そうは思い…

この記事は有料会員記事です。残り1702文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]