弾道ミサイル2発は「新型戦術誘導弾」 北朝鮮が発表 

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は26日、国防科学院が新たに開発した「新型戦術誘導弾」を25日に試験発射したと報じた。同日に日本海に向けて発射した短距離弾道ミサイル2発を指しているとみられる。

 同通信は、25日に試射した新型戦術誘導弾は2発で、既に開発した戦術誘導弾の技術を利用して弾頭の重量を2.5トンに改良した兵器と説明した。弾頭の重量化に成功したとみられる。

 日本海上600キロの水域に設定した目標を「正確に攻撃した」と伝えた。低高度を変則的な軌道で飛行する特性について、国防科学院が再確認したという。

 試射は、核ミサイル開発を担…

この記事は有料会員記事です。残り363文字有料会員になると続きをお読みいただけます。