パークマンサーが嫌に 芸能界でつまずいた先、農と食

有料会員記事

田島知樹
[PR]

 芸能界で身も心もすり減らし、ふるさと富山に戻って農業にはげむ一人の男性がいる。畑仕事にのめりこみ、採れたての野菜をかじる。その甘みに、感動するあたらしい自分がいる。

 「パークマンサー」。その名で2000年代、2人組ユニット「軟式globe」でデビューした。女性ボーカルが歌う曲と歌詞にあわせ、体をくねらせ「そうだよ アホだよ♪」とラップ調でせりふをはさむアフロヘアの男性。それがパークさんだった。

 昨年12月中旬、厚い雲が垂れ込めた富山市の畑に、パークさんはいた。表面を覆う雪を手のひらではらい、スコップで土を掘り起こすと、小ぶりのニンジンがあった。

 ふるさと富山にもどり、1年がたつ。畑仕事に明け暮れる毎日だ。

 富山県射水市に生まれた。小学6年でダンスを始め、ダンサーをめざし東京へ。駒沢大経済学部に進学後、ダンススクールに通い、出会った教師が立ち上げた芸能事務所に入った。

 間もなく転機が訪れた。2002年、人気アイドルV6のバラエティー番組「学校へ行こう!」への出演が決まった。人気歌手や音楽グループをパロディーで演じるコーナー。「そうだよ アホだよ♪」のセリフが中高生に受け、電車に乗ると乗客がざわつき、街を歩けば「アホだなー」という声が聞こえた。

「パークマンサーが嫌になった」

 人気ドラマに脇役で出演した。短いセリフで30回以上つまずいた。劇団にも入ったが、脇役以上の依頼は来なかった。

 その後10年以上、売れない…

この記事は有料会員記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。