手話通訳不在、丸川氏「配慮欠けた」 聖火リレー出発式

[PR]

 丸川珠代五輪相は26日午前の閣議後会見で、前日に福島県で開かれた東京五輪聖火リレー出発式に手話通訳が不在だったことについて、「配慮に欠けていたという指摘は免れない」と釈明した。大会組織委員会に対し、今後予定される関連イベントや大会本番での対応を求めた。

 出発式は福島県のスポーツ施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で、新型コロナウイルス対策のため観客を入れず開催。式の様子はオンラインで中継された。

 丸川氏は「多様性と調和は、東京大会の基本コンセプトの一つ」と指摘したうえで、「組織委員会では今回、セレモニーにおける手話通訳の配置について特段の検討がなされていなかったということで、大変残念だ」と語った。

 菅義偉首相は25日の参院予算委員会で、野党議員から手話通訳の不在について問われ、「どういう形でそうなったか報告を受け、是正すべき点はしっかり政府としても申し上げたい」と述べていた。