フランス、外出制限の地域を拡大 変異株が猛威

新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚
[PR]

 フランスのベラン保健相は25日、記者会見を開き、新型コロナウイルスの変異株がなお猛威を振るっているとして、外出制限の対象地域を現在の16県から19県に27日から拡大することを明らかにした。

 フランスでは25日、24時間の新規感染者が4万5千人に達し、1週間前より1万人以上増えた。

 対象地域では、自宅から10キロ以上離れた場所に日中移動する場合、理由を記した証明書を持ち歩く必要がある。

 仏政府は20日からパリ首都圏など16県の2100万人を対象に外出を禁止。ところが、市民に持ち歩くよう課した外出証明書の書式が複雑だったため、批判を浴びて1日で撤回。自宅から10キロ以内なら証明書を持たずに自由に出歩いていいことにしていた。

 各地で医療態勢が限界に近づいているため、医療関係者は現在の外出制限の効果を疑問視しており、より厳しい措置を求めている。(パリ=疋田多揚)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]