1千万本が織りなす期間限定のしま模様 岡山・笠岡

上田潤
【動画】しま模様を描く、1000万本の菜の花=細川卓、上田潤撮影
[PR]

 岡山県笠岡市道の駅「笠岡ベイファーム」近くの干拓地で菜の花が見頃を迎え、春の陽気に誘われた家族連れらがカメラを手に散策を楽しんでいた。

 道の駅によると、約5ヘクタールの畑に開花時期の異なる2種類約1千万本が2列ずつ交互に植えてある。早咲きと遅咲きが交互に見頃を迎えることで、黄と緑のしま模様が楽しめるような工夫をしている。現在は「黄色いじゅうたん」のような鮮やかな黄色が畑いっぱいに広がっている。4月中旬ごろまで楽しめるという。

 今年は新型コロナウイルス対策として、遊歩道の幅を倍に広げた。駅長の池田博之さんは「密になりにくい環境なので、距離をとって香りや景色を楽しんでほしい」。(上田潤)