「国引き」が語る交流 古代出雲と北陸のきずなとは

有料会員記事

編集委員・中村俊介
[PR]

 高志(こし)(越、古志)と呼ばれた北陸地方は出雲と縁が深かった。一見遠く隔たるが、日本海をたどれば、それほどでもない。神々もまた、海を介して活発に交流した。

 海原に突き出た島根半島の突端に、美保神社(松江市)はある。汀(みぎわ)と社叢(しゃそう)は目と鼻の先だ。神話上、ここはかつて北陸の一部だった。

 『出雲国風土記』の国引き神話によれば、ヤツカミズオミツヌノミコトという神様がその昔、石川県能登半島の珠洲(すず)地方とされる「高志の都都(つつ)の三埼(みさき)」を、海の向こうから引っ張ってきたという。オオクニヌシによる本格的な国づくりは、これを引き継いでのことらしい。ここに鎮座する彼の子ミホススミの名を冠して、風土記はこの地を「美保の郷」と記す。

 むろん美保神社もオオクニヌシとゆかりが深く、ご祭神は妻のミホツヒメと息子のコトシロヌシ。「国譲り」がモチーフの神事も毎年催されている。

 ちなみに、ここでコトシロヌシは七福神のえびす様と同一視されている。えびすは戎(えびす)、海から寄り来る漂着神でもあるから、「国引き」とオーバーラップするようでおもしろい。

 それにしても、海のかなたから土地をたぐり寄せるという奇想天外な発想は、どこから生まれたか。

 「地域統合の神話化や、湖が埋まるなど自然地形や環境の変化を反映したのでは」と島根県古代文化センターの平石充(みつる)さんはいう。とはいえ、それがはるか北陸とはなんとも不思議に思えるが、実は両地域の縁は先史時代にさかのぼる。

 たとえば、ヒトデのような奇…

この記事は有料会員記事です。残り1088文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら