悩みに答える仏教AI「ブッダボット」開発 京大

野中良祐
[PR]

 京都大学京都市内の寺院などのチームは、仏教の経典を学習させ、悩みに合わせて回答できる人工知能(AI)「ブッダボット」を開発したと発表した。仏教の教えを身近にするのが狙いだ。今後、改良を重ねて一般に公開する予定だという。

 京大の熊谷誠慈准教授(仏教学)によると、国内の仏教は衰退が進んでおり、理由として、観光や葬式のみが社会との接点になって形骸化していることなどが考えられるという。熊谷さんは「仏教の『幸せになるための教え』という本質を取り戻す必要がある」として、人々の悩みに向き合う科学的な手法を、京都市の青蓮院門跡(天台宗)の東伏見光晋執事長や起業家らと検討し、AIの開発を決めた。

 チームは、仏教最古の経典とされる「スッタニパータ」の内容を100問以上のQ&A形式に仕立て、AIに学習させた。相談者の悩みにもっとも近い回答を数秒で抽出できるようになった。AIは、大学の博士課程の生活が不安だという学生の悩みには、「性急で、怠惰な人には知恵も学識も増大しない」と回答した。

 当面は研究目的での使用に限定し、学習させる経典の内容を充実させたり、テスト運用で質問に的確に応じられるようにしたりといった改良を加え、一般公開する予定だ。東伏見さんは「AIに仕事を奪われるわけではなく、音楽に例えれば、ライブがお寺と人間、CDがAIといった関係になると思う」と話している。野中良祐