米中対立、体制間競争に突入 バイデン氏「闘い」と表現

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 バイデン米大統領は25日、米ホワイトハウスで就任後初めてとなる記者会見を開いた。バイデン氏は、中国国内の人権弾圧問題などを指摘したうえで、米中対立について「21世紀における民主主義国家と専制主義国家の有用性をめぐる闘い」と表現。バイデン氏は国家理念を旗印に、体制間による競争を鮮明にした。

 バイデン氏は会見で、中国の習近平(シーチンピン)国家主席について「専制主義が将来、主流となり、民主主義は機能しないと考える人物」と指摘。2月10日に2時間にわたって行われた米中首脳の電話協議の中身にも触れ、習氏に「我々は対決を望んでいないが、(米中関係は)非常に厳しい競争になるだろう」と伝えたことを明らかにした。

 バイデン氏は中国との競争に勝つためには、①米国の労働者や科学技術分野への投資を拡大②欧州や日米豪印(クアッド)など同盟国・友好国との関係強化③中国国内で起きている人権弾圧に対し、世界各国の注意を喚起――を実行していく考えを示した。とくに人権問題をめぐっては、バイデン氏は習氏に対し、「米国人は自由の概念と人権を尊重している」と伝えたという。バイデン氏新疆ウイグル自治区と香港に言及し、人権問題では妥協しない姿勢を強調した。

 バイデン氏はまた、「中国は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら