写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 【静岡】来月10日に開通する新東名高速の御殿場ジャンクション(JCT)―新御殿場IC間と国道138号バイパスの延伸部分が3月19日、報道陣に公開された。

 新東名の新御殿場IC料金所は目の前が富士山。富士の玄関口として観光客を迎える。約7キロの開通部分では、霧が多く発生するため、照明を低位置に設置して視界をよくする工夫が施されている。新東名は138号バイパスとつながり、静岡方面から自動車専用道路だけを通って中央道へ抜けることが可能になる。

 工事を行った中日本高速道路と国土交通省中部地方整備局の担当者は「観光時期の渋滞緩和や、静岡―山梨県間の所要時間の短縮につながる」と利便性の向上を強調した。(六分一真史)

関連ニュース