プラモに回帰する大人たち タミヤ会長が託す次代への夢

有料会員記事

聞き手・矢吹孝文
[PR]

 日本最大級の模型展示会「静岡ホビーショー」が5月13、14日、静岡市で2年ぶりに開かれる。模型業界の一大イベントだが、新型コロナウイルスの影響で一般客を入れない縮小開催となる。ショーを主催する静岡模型教材協同組合の田宮俊作理事長(タミヤ会長兼社長)が会場に来られない模型ファンに向けてメッセージを語った。

中止になったホビーショー

 2019年の静岡ホビーショーは小中高校生の招待日と業者招待日、一般開放日を合わせて5日間だったが、コロナで昨年は中止。今年は業者だけで2日間に短縮した。例年は業者が約6千人、一般客を含めると約7万人が来る市内最大級のイベントだけど、どうやっても密集した状態を避けることができない。縮小は厳しい決断だった。

 メーカーや問屋、小売店の関係者を招待する2日間も、氏名や連絡先を登録する予約制にして、西日本の業者と東日本の業者で参加日を分ける。そうしないとみんな初日に来てしまうので、これも混雑を回避するためだ。感染状況によっては、また中止することもあり得るだろう。

 例年は一緒に開催している模…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。