自民・岸田氏「直接打撃」 敵基地攻撃能力の整備訴え

有料会員記事

笹井継夫
[PR]

 自民党岸田文雄・前政調会長は26日、自身のツイッターで「敵のミサイル発射能力そのものを直接打撃し、減衰させることができる能力を保有することが必要」と投稿し、敵基地攻撃能力の整備を訴えた。

 岸田氏はツイッターで、4月に予定される菅義偉首相バイデン米大統領との首脳会談を控え、「外交・安全保障分野における私の考えを、これから様々な機会を通じて発信していきたい」と説明した。

 そのうえで、日本にとっての「直接的かつ喫緊の脅威」として、「中国や北朝鮮ミサイル」を挙げた。北朝鮮の潜水艦発射型や変則軌道飛行の弾道ミサイル、中国の「超音速滑空兵器」の開発について、「我が国、そしてアジアに前方展開する米軍の直接の脅威」と位置づけた。

 そうしたなかで、日本のミサ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら