米、気候変動サミットに中ロ首脳を招待 バイデン氏表明

ワシントン=合田禄
[PR]

 米国が4月22~23日に開催を予定している気候変動サミットについて、バイデン米大統領は26日、対立が深まる中国とロシアの両首脳も招待することを明らかにした。温室効果ガスの主要な排出国である両国を巻き込み、サミットの意義を高めたい考えだ。

 米ホワイトハウスはこの日、インドや日本、ドイツなど40の国・地域の首脳たちの招待リストを公開。中国の習近平(シーチンピン)国家主席やロシアのプーチン大統領も含まれていた。中国は主な温室効果ガスである二酸化炭素の排出量が最も多く、米国、インド、ロシア、日本が続く。

 ホワイトハウスは声明で「サミットでは、気候変動対策を強化することの緊急性と経済的利益が強調されるだろう」と指摘した。主要な経済国への排出量の削減努力の呼びかけや、気候変動対策による雇用の創出、排出量削減のための革新的な技術開発の促進などが議題になるという。

 菅義偉首相は1月のバイデン氏との電話協議で、気候変動サミットに参加する方向で検討すると伝えていた。(ワシントン=合田禄)