女子フィギュア、ロシアが表彰台独占 難しい技に挑戦

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権は26日(日本時間27日)、スウェーデン・ストックホルムで女子フリーがあり、SP首位のアンナ・シェルバコワ(ロシア連盟)が、フリー152・17点の合計233・17点で初優勝した。エリザベータ・トゥクタミシェワが総合2位、アレクサンドラ・トルソワが総合3位で、ロシア勢が表彰台を独占した。

 やはりロシア勢は強かった。三者三様の演技で、その力を見せつけた。

 まず、圧巻の演技を見せたのはSP12位から銅メダルを獲得した16歳のトルソワだ。

 4回転ジャンプを5本組み込…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]