京都国際、二枚看板の誤算 継投策とれずサヨナラ負けに

伊藤雅哉
[PR]

(27日、選抜高校野球 東海大菅生5-4京都国際)

 京都国際の背番号9、左腕の森下瑠大(りゅうだい)(2年)が「あと1死」で勝ちを逃した。まさかの逆転サヨナラ負けの直後、「自分の力のなさ、ふがいなさを痛感しました」と話した。

 1点差に詰め寄られた九回2死満塁。東海大菅生(東京)の代打多井耶雲(やくも)(2年)をまっすぐ2球で追い込んだ。さらに直球を続けてボール。まだ投手優位のカウントだったが、次のストレートが真ん中付近に入ってしまった。快音を残した打球は右翼線へのサヨナラ2点適時二塁打になった。

 143球を投げ、勝利まであと一歩だった。小牧憲継監督も「2ストライクから投げ急いだ。下級生の甘さだと思う」と言った。

 京都国際は背番号1の右腕、平野順大(じゅんた)と森下の2年生が二枚看板。打っても森下が4番、平野が6番に入る。1回戦の柴田(宮城)戦は先発の森下が五回まで投げ、平野に継投した。しかし、この日は森下に託すしかない事情もあった。

 平野が二回の打席で右ひじ付近に死球を受けた。その後にブルペンで投球練習をしてみたが、力が入りにくい状態だったという。森下も逆転した五回以降は130キロ中盤の直球が決まり、完投ペースでもあった。最後の打球を追ったのは右翼手の平野だった。「森下に任せきりになり、悔しい。2人でもう一回、競い合ってレベルアップして絶対に甲子園に戻ってきたい」と言い切った。

 京都国際は春夏を通じ初の甲子園。小牧監督は「運と勢いで勝ち上がってきたが、ごまかしがきかない球場だと思った」と総括した。森下ら2年生中心のチームで、「2人を抜かしてやろうという投手が出てきてほしい」。夏に向けて3年生の奮起にも期待した。伊藤雅哉