ヤクルト奥川きょう先発 恩師が語る佐々木が与えた刺激

有料会員記事

藤田絢子
[PR]

 プロ野球ヤクルトスワローズの奥川恭伸投手(19)が28日の阪神戦(神宮)で先発する。制球力の高さと球の切れを高津臣吾監督から評価され、高卒2年目で開幕ローテーションの一角をつかみ取った。その持ち味は、いつ揺るぎないものになったのか。

 「投球スタイルを追い求めるきっかけと刺激をくれた投手がいる」

 石川・星稜高の恩師である林和成監督に尋ねると、一人の名が返ってきた。

 ロッテの佐々木朗希(岩手・大船渡高)。

 2019年4月。選抜大会を…

この記事は有料会員記事です。残り1073文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら