マー君に誓った「野球続けよう」 勇気もらったあの6球

有料会員記事

大宮慎次朗
[PR]

 プロ野球の楽天に8季ぶりに復帰した田中将大投手(32)は、宮城県内の野球少年たちにも大きな影響を与えた。27日の予定だった復帰登板は延期になったが、「また日本中に元気を与えて欲しい」と心待ちにしている人がいる。

 あの6球があったから――。仙台市太白区の専門学校生、千葉航大(こうだい)さん(19)は、田中投手とキャッチボールをした感触が、今も左の手のひらに残っている。東日本大震災の翌年のことだった。

 2011年3月11日。小学3年生だった千葉さんは、名取市の閖上小学校の校庭でサッカーをしていた。ゴゴゴ……。地鳴りとともに、立っていられないほどの揺れが襲った。急いで校舎の屋上に避難した。その直後、黒い波が街全体をのみ込むのが見えた。

 閖上の自宅は流され、野球道具も友達と遊んだ公園もなくなった。家族を失った友人もいて、避難所の空気は重たかった。

 流されたグラブは、数カ月後に父・由英さんが田んぼに漂着した車の後部座席から見つけ出した。塩や泥を洗い落とし、使えるようにしていた。それでも、「野球をやっている場合じゃない」と思っていた。

震災翌年にもらった元気

 翌年3月、近くの小学校に楽天の選手が来ると聞き、見に行った。校庭に止まったバスから30人ほどの選手が次々と現れた。そこに、テレビで見てあこがれ、投球フォームをまねしたあの選手がいた。

 マー君だ!

 想像していたよりも大きい。笑顔が優しかった。

 1人ずつとキャッチボールを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら