オリックス宮城、度胸が武器 誕生日の監督に贈る初白星

佐藤祐生
[PR]

(27日、オリックス3―2西武)

 19歳は捕手のサインを裏切った。

 四回無死、オリックスバファローズの宮城大弥が西武ライオンズ山川穂高を追い込んだ場面。4連続ファウルで粘られる。9球目、捕手の伏見寅威(とらい)の要求はスライダーだった。だが、投球動作に入ったところで「打たれそう」と予感した。投げたのはスライダーではなく、10キロ近く遅いカーブ。フルスイングした4番打者の体勢を崩し、ひざをつかせた。

 一回に適時打を許した相手に今度は空振り三振。伏見は「(投げる球を)勝手に変えるのは、なかなかできない。生意気ですね」と苦笑いしたが、抑えたのだから許すしかない。

 とっさの判断で遅い球を投げ込む技と心構え。2年目左腕の大きな武器だ。

 この日は最速148キロの直球から、最も遅くて96キロのカーブまで。緩急を巧みに操った。七回、1点差に迫られ、なお2死満塁でも104キロでピンチを断った。7回を被安打5で8奪三振。「とても緊張したけど、思った以上に自分の投球ができてよかった」

 沖縄・興南高からドラフト1位で入団。昨季は同学年の佐々木朗希(ロ)や奥川恭伸(ヤ)より先にプロ初勝利。ローテーションに入った今季は早くも白星。未勝利の2人の先をいく。

 マウンドでポーカーフェースになる19歳の自己分析は「顔に出ないだけで、落ち着きはない」。その言葉がうそなのか本当なのかも分からないが、52歳の誕生日だった中嶋聡新監督にチーム初勝利をプレゼントした。(佐藤祐生)