帰って来た埴輪たち 県立歴史博物館で展示

寺沢尚晃
[PR]

 群馬県内で出土した埴輪(はにわ)116点を展示する「新・すばらしき群馬のはにわ」が、高崎市綿貫町の県立歴史博物館で開かれている。東京国立博物館に所蔵されている埴輪8点も「里帰り」して展示されている。

 昨年4月に開催予定だった特別展「すばらしき群馬のはにわ」は、新型コロナウイルスの感染拡大で中止に。今回は昨年の内容を踏襲しつつ、藤岡市の白石稲荷山古墳の埴輪などを借りるなど、内容を充実させて開催している。

 コロナ禍により事前予約制。同館ホームページで受け付ける。午前9時半~午後5時。月曜休館。問い合わせは県立歴史博物館(027・346・5522)。(寺沢尚晃)