鍵山優真は跳びはねた 初舞台で銀メダル、17歳が躍進

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権は27日、スウェーデン・ストックホルムで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の鍵山優真(星槎国際高横浜)がフリー190・81点、合計291・77点で総合2位になった。

 祈るように待った得点が出た瞬間、鍵山は文字どおり跳びはねて喜んだ。

 冒頭の4回転サルコー、続く4回転―3回転の連続トーループを着氷し、流れをつかんだ。終盤のジャンプ二つでバランスを崩すミスは出たが、「努力が実ったかなっていう感じ。完全ではなかったんですけど実力は全部出し切ったかな」と言い切れる内容だった。

 今後のさらなる飛躍を予感させる17歳の世界選手権初挑戦だった。

 26日のショートプログラム(SP)は三つのジャンプ要素全てで加点を引き出し、スピン、ステップはいずれも最高の「レベル4」。自己ベストを10点近く更新する会心の演技で、ガッツポーズを繰り返した。

 ただ、何よりの収穫はこの初…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]