鍵山優真、フィギュア世界選手権初出場で2位 羽生3位

[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権は27日、スウェーデン・ストックホルムで開催され、男子は初出場でショートプログラム(SP)2位の17歳、鍵山優真(星槎国際高横浜)が合計291・77点で総合2位となり、来年の北京冬季五輪の有力なメダル候補に躍り出た。SP首位の羽生結弦(ANA)はフリーのジャンプでミスがあり、合計289・18点で総合3位になった。羽生は北京五輪で3連覇がかかる。SP3位のネーサン・チェン(米)がフリーでほぼ完璧な演技を見せ、合計320・88点で3連覇を果たした。

 26日(日本時間27日)の女子フリーでは、坂本花織シスメックス)が総合6位。紀平梨花トヨタ自動車)は総合7位だった。北京五輪の出場枠を懸けた今大会で、男女とも最大となる3枠を獲得した。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]