鍵山優真「動揺隠せない、努力ここで実った」 一問一答

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権は27日、スウェーデン・ストックホルムで開催され、男子はショートプログラム(SP)2位の17歳、鍵山優真(星槎国際高横浜)はフリーでジャンプのミスがありながらも、合計291・77点で総合2位。初出場で銀メダルに輝き、キス・アンド・クライでは跳びはねるように喜んだ。

 試合後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――フリーの感想は?

 「そもそもこの世界選手権に出ているだけで、すごく緊張するんです。さらに最終グループで練習したり、試合をするってなると『自分が本当にここにいていいのだろうか』と最初は思ったんですけど、でも、『ここに来たからにはしっかりと日本代表としてやらなくちゃいけない』と思ったので、しっかりと集中することができたと思います」

 ――五輪に向けての課題は?

 「やっぱり、ちょっと今日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]