「俺39歳だよ?こんなのおかしい」信じられない逆転劇

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 涙を何度もぬぐった。

 4月17日に40歳の誕生日を迎えるクリストファー・トンプソン(英)は、胸にこみ上げてくるものを抑えきれなかった。

 「人生でこんなに感情的になったことはない。おれ、39歳だよ?こんなことは起きないはずだ。誰かに『これは現実じゃない』って言われるんじゃないか。そう思っている」

 26日、トンプソンは英国五輪代表のマラソン選考会に出場していた。男子部門のエントリーは15人。ロンドン郊外にあるキュー王立植物園の周回コースで、無観客で行われた。

 男子は2時間11分30秒の参加標準記録を切り、2位までに入れば今夏の東京オリンピック(五輪)の出場権が獲得できる。

 2012年のロンドン五輪は男子1万メートルに出場し25位。その後はマラソンに転向したが、度重なる故障に苦しんだ。自己記録は14年の2時間11分19秒で6年以上更新できていない。

 だからこそこんな結末は予想できなかった。レース前夜には、妻から「しっかり完走してきて」と言われ、全力を尽くすことだけを決めていたという。

 レースでは14キロ付近から徐々に先頭集団から脱落。30キロ地点では先頭と35秒差もつけられた。

 しかし、逆転劇が待っていた。

 勝負を分けたのは、諦めの心…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら