二大国に挟まれる日本 稼げる中国市場、捨てられない

有料会員記事

聞き手 編集委員・吉岡桂子
[PR]

経済安保 米中のはざまで(インタビュー)

 安全保障と経済をくみあわせた「経済安全保障」をめぐる米中の対立激化で、日本企業にも影響がおよんでいる。この状況に、日本はどう対応していけばいいのか。佐々木伸彦・日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長に聞いた。

 ――米中対立下で日本の経済安全保障が問われています。日本企業はどう対応していますか。

 「米国に対しては、米国のトランプ政権時に出された輸出管理改革法(ECRA)など一連の規則に従って、やって良いことと悪いことを点検し、実施している。中国に対しては、昨年末に施行された輸出管理法がどのように運用されるか、注意深く探ろうとしている」

 ――バイデン政権で米国の経済安保に変化はありますか。

 「ECRAは超党派の支持で…

この記事は有料会員記事です。残り1770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載経済安保 米中のはざまで

この連載の一覧を見る