仙台育英、天理のエース達対策を徹底 別の「達」対策も

山口裕起
[PR]

 第93回選抜高校野球大会の大会本部は28日、予定していた準々決勝4試合を雨のため中止とし、29日に順延すると発表した。試合をする予定だった8校の選手たちは、阪神甲子園球場の室内練習場で調整した。

 仙台育英(宮城)は天理の身長193センチ右腕・達孝太(3年)の対策を徹底して行った。身長188センチで145キロ近くを投げるという控え投手に実際より2メートル前から投げてもらい、打撃練習。主将の島貫丞(3年)は「角度のある球を打つ練習ができた。早起きして、試合に向けて準備するイメージもつかめた」と順延を前向きにとらえた。

 ただ、仮想・達対策はこれだけでは終わらない。同じく控え投手の渡辺達也(3年)を相手に室内練習場で打ち込んだ。渡辺は身長170センチ足らずと小柄なのに、なぜ。須江航監督は苦笑いを浮かべながら、理由を説明する。

 「名前が達くんと同じ『達』なんで、そこでも達対策をやりました」

 順延により、2試合で計295球を投げた天理の達が29日に登板すれば、中2日から中3日でのマウンドとなる。島貫は言った。「(体力が回復して)調子のいい達くんに勝てば、僕たちはもっと強くなれる。1日延びてよかった、とみんなで言い合いました」。チームは天理戦の先の、東北勢初の甲子園優勝を見据えている。(山口裕起)